こころ踊る,旅へ出よう


AUTUMN
2019

Explore
The Everyday

milesto journal

travel & lifestylepaper

アートを旅する

JOURNEY
007

身近なアートを旅する

アート好きなモデルの田中シェンさんにとって、休日はギャラリーを訪れるのが楽しみなんだとか。
気持ちよく澄みわたった空の下、東京のアートスポットをめぐる一日の旅へ出発!

2019.9.1

TRAVELER

田中シェン

たなか・しぇん/鹿児島県生まれ。中学から大学時代をアメリカで過ごす。日本語、英語、中国語に堪能。ファッションモデル、イラストレーター、デザイナーのほか、女優として海外でも活躍の幅を広げている。

Are you ready to go…?


  • 1

    Public Art


  • 2

    Materials Lab


  • 3

    Gallery


  • 4

    Art Cafe



1

Public Art

ストリートを探索

バックパック

街の中にあるストリートアートを歩いてめぐれば、いつもと違う発見もできちゃいそう。
なんだかワクワクする一日の始まりは、バックパックを背中に両手を振って元気にいこう!

「ストリートアートって誰もが見られるのが魅力ですよね。壁に描かれた絵は迫力がすごい!」。まだまだ日差しが強い季節には、帽子やタオルも詰め込みたい。「意外と荷物が多くなっちゃうけど、バックパックのサイズはばっちりです」と、にっこり。

item

STLAKT
バックパックM

¥15,000

ミニマムなデザインが魅力のバックパックは、トートバッグとしても使える2WAY仕様。13インチのノートPCが収納できるスリーブポケット付きで安心。

その他のおすすめはこちら



2

Materials Lab

画材店でお買いもの

トートバッグ

色とりどりの画材たちは、眺めているだけでも楽しくなっちゃう。
どんなシーンにも便利なトートバッグは、味わいあるカラーにキュン!

顔料、和紙、筆などの伝統画材がところ狭しと並んだ、お気に入りのショップへ。「まるで実験室みたいで何時間でも過ごせちゃう」と目を輝かせるシェンさん。ペールグリーンのカラーが気分を上げてくれるトートは、今の気分にぴったりみたい。

item

andloop
倉敷 トートバッグS

¥3,900

使うほどに風合いの変化を楽しめる「倉敷帆布」を使用したトートバッグ。シンプルで小ぶりながら、たっぷりとしたマチでお弁当箱やペットボトルの収納もすっきり。

その他のおすすめはこちら



3

Gallery

ギャラリー鑑賞

メッセンジャー

ギャラリーで展示されている絵を見るのって、なんとも幸せな時間。
パターンが特徴のメッセンジャーを肩からかけて、遊び心をプラス!でいこう。

「すごく落ち着く空間なんですよ」と足を踏み入れたのは、街の一角にある小さなギャラリー。「大きめのカメラを入れたりできる丈夫さもいい感じ」と、チェックのパターンが目を引くメッセンジャーで、コーディネートにもちょっぴり気分を添えて。

item

Hütte
メッセンジャー S

¥4,800

マグネットフラップで開閉ができるショルダーは、コーデュラポリエステルのチェック織がポイントに。お出かけのマストアイテムがすっきり入るサイズ感もオススメ。

その他のおすすめはこちら

spot


4

Art Cafe

カフェのテラスでひと休み

マルチショルダーバッグ

アート作品を鑑賞したあとは、隣のカフェでちょっと休憩。
貴重品をスマートにまとめられる、マルチショルダーバッグで身軽に。

「庭のアート作品を眺めながらお茶ができるなんて贅沢!」。貴重品をひとまとめにできる便利なマルチショルダーでスマートに、〈岡本太郎記念館〉に隣接するカフェのテラス席でのひととき。「バッグがあるのを忘れちゃうところだった(笑)。身軽っていいなぁ」

item

TROT
WB2 マルチショルダーバッグ

¥5,500

貴重品を仕分けして収納できるウォレットバッグとして街歩きにぴったり。コーデュラナイロン製でタフでありながら、コットン素材のような雰囲気が◎

その他のおすすめはこちら

七つ道具

—— 休日にはどんなことをして過ごしていますか?

田中シェン(以下、田中):美術館やギャラリーで現代アートを見るのが大好き。アート鑑賞は、創作意欲を掻き立ててくれる大事な時間です。イヴ・サンローラン マラケシュ美術館を訪れるべく、今年はモロッコへの旅を計画中。旅するならやっぱりアートが見たい!

—— 外出先でイラストを描くこともあるそうですが、普段はどんなバッグを使っているか教えてください。

田中:いつでもイラストの仕事ができるように、タブレットをバッグに入れています。オーディションのためにコンポジットを持ち歩くことも多いので、とにかく荷物はヘビー! らくちんだからバックパックを使うことがほとんどですね。重いのには勝てません……。

—— 七つ道具のこだわりについて聞かせてください。

田中:仕事にも旅にも、使い慣れた作業しやすいアイテムを選びます。特に、作品集や本、カメラはいつもお供に。ネコを飼っているので、自宅でイラストを描いていると「かまって〜」と邪魔をしてくる(笑)。だから、カフェで作業をすることも多いんですよ。

—— 「ハードキャリー 71Lサイズ サイドストッパー付」で旅をしたそうですが、使い心地はいかがでしたか?

田中:キャリー選びって悩むなぁ、と思っていたところに出合ったのが、このハードキャリーです。キャスターがすごくスムーズで静かなのにはびっくり。愛らしいマスタードカラーは空港でも見つけやすくて助かりました。71Lサイズは長期の旅にぴったりです。

1_スケジュール管理はノート派。脳内整理にもなる(笑) 2_お気に入りの韓国製の保湿マスクは、旅先にいつも持ち歩く必需品。3_色やコンポジジョンが大好きなヴィヴィアン・サッセンのサイン入り写真集。4_タブレットはマイクロソフトのSurfaceを愛用。容量が大きくてイラスト制作にも大活躍! 5_ホームオフィスがそのまま外出先に持ち出せる、便利なツールファイル。6_〈Lomography〉の使い捨てフィルムカメラ。カラーフラッシュでアート写真が簡単に撮れるのがいい。7_〈Canon〉のフィルムカメラは、ちょうどいい大きさとピントが合わせやすいのがポイント。

Shen’s
RECOMMEND
item

MILESTO

ハードキャリー71L サイズ
サイドストッパー付

¥29,000

耐衝撃性に優れた軽量ボディは、ミニマムデザインで洗練された印象に。静音性を重視した360°自在に回転するキャスターは、ワンタッチ式のストッパー付き。

Check other
JOURNEY
SPRING 2019日常を旅する
  • JOURNEY 001

    食を旅する

  • JOURNEY 002

    本と旅する

  • JOURNEY 003

    下町を旅する

SUMMER 2019自然を旅する
  • JOURNEY 004

    都会の緑を旅する

  • JOURNEY 005

    キャンプを旅する

  • JOURNEY 006

    海辺を旅する

AUTUMN 2019アートを旅する
  • JOURNEY 007

    身近なアートを旅する

  • JOURNEY 008

    comming soon

  • JOURNEY 009

    comming soon

WINTER 2019COMMING SOON
  • JOURNEY 010

    comming soon

  • JOURNEY 011

    comming soon

  • JOURNEY 012

    comming soon