IDEAonline 敬老の日特集

こころ踊る,旅へ出よう


SUMMER
2019

Explore
The Everyday

milesto journal

travel & lifestylepaper

自然を旅する

JOURNEY
006

海辺を旅する

三根かよこさんが夫婦で営む出版社「アタシ社」は、神奈川県の港町・三崎にあります。
「のどかなこの町に住んで、ほんとに幸せ!」という彼女が大好きな、海の見える風景をめぐって。

2019.8.1

TRAVELER

三根かよこ

みね・かよこ/1986年千葉県生まれ。デザイナー。出版社「アタシ社」主宰。2017年、都市に暮らす30代をターゲットにしたメディア『たたみかた』を創刊。
www.atashisya.com

Are you ready to go…?


  • 1

    Fishing Harbor


  • 2

    Library


  • 3

    Bagel Shop


  • 4

    Bridge



1

Fishing Harbor

ぶらりと港町へ

ボディバッグ

この町には晴れた日がよく似合う。一日のスタートは、ボディバッグで足取り軽く。
真っ青な海を眺める港町で深呼吸して、のんびり散歩といきましょう。

「アタシ社」から徒歩3分の漁港へ向かい、散歩とともに三根さんの一日は始まる。今日は、キラキラと光る水面が本当にきれい。「ホワイトが素敵ですね」と、三根さんが選んだボディバッグは体にフィットして、持っているのも忘れちゃうほど足取りも軽快!

item

Hütte
ボディバッグ

¥6,300

体に心地よくフィットするボディバッグは、収納に便利な3つの内ポケットなど機能性も優秀。コーディネートの差し色になるカラーもバリエーション豊富で楽しい。

その他のおすすめはこちら



2

Library

夫婦で店番

ポーチ&サコッシュ

事務所の1階にある蔵書室「本と屯」で、編集者の夫シンゴさんと二人で店番を。
ポーチとサコッシュを賢く活用すれば、仕事も断然はかどっちゃう。

「メモや細々したものを入れるのに使いやすい!」と、三根さんお気に入りはポーチ。「これでスマホをどこに置いたか忘れない(笑)」と、シンゴさんはサコッシュ派。「そろそろ地元の子どもたちが遊びにくる時間だね」と、笑顔で仲良く店番の二人。

item

TROT
ウルトラライト 2 ポーチ

¥3,000

ポケットに入るコンパクトなサイズながら、仕切りがついて収納力抜群。軽くて撥水性に優れた頑丈な素材も◎。小物入れのほか、ウォレットとして使用するのもオススメ。

item

TROT
ウルトラライト 2 サコッシュ

¥3,300

スマホや小さめの財布、パスポートなど必要最低限の手荷物を収納して。首からさっと下げるだけでファッションのポイントに。アウトドアや旅先でも大活躍。



3

Bagel Shop

昼ごはんはベーグル!

サコッシュ

こんな陽気な日には、外でランチを食べるのもいいね。
サコッシュを肩からかけて身軽に、大好きな「みやがわベーグル」へ向かう。

「すっきりとしたシルエットが好みです♡」と、サコッシュを持って出発。三根さんお気に入りのベーグル店で、三崎産ビンチョウマグロを使ったツナサンドをテイクアウトすることに。風が気持ちのいい海辺に座って、「いただきま〜す」

item

andloop
サコッシュ

¥3,200

ストラップの調節で、肩がけと斜めがけができる2WAY仕様。内側には長財布が入るファスナーポケットあり。コットンの風合いが味のある、シンプルなショルダー。

その他のおすすめはこちら



4

Bridge

打ち合わせ

バックパック

午後いちばん、ラップトップと資料をぎっしり詰め込んで打ち合わせへ。
とにかく荷物が多いから、仕事にはバックパックがマストなんです。

「打ち合わせに出かけま〜す」。海と空が一体となった見晴らしがいい橋を、愛車のカブで渡るのがいつも楽しみなんだとか。「ラップトップ、本、資料……と荷物が重い!」と、仕事にはバックパックが基本。同系色のコーディネートがいい感じ♪

item

CITYFOG
バックパック M

¥17,000

軽量で持ちやすく、女性にもちょうどいいサイズ感。中へダイレクトにアクセスできるフロントファスナーに、止水ファスナーや撥水加工など、急な雨にもばっちり。

その他のおすすめはこちら

七つ道具

­­—— 三根さんが三崎を拠点にした理由とは?

三根かよこ(以下、三根):三崎に引っ越してきたのは、2年前のこと。ひと目で好きになったこの町で、自分たちの理想の出版社ができると即決でした。古い空き家を改装した「アタシ社」を拠点に、自分たちが手がける雑誌『美容文藝誌 髪とアタシ』『たたみかた』をはじめ、本やマンガを出版しています。

—— 仕事ではいつもどんなバッグを使っていますか?

三根七つ道具のほかにも、仕事ではコードやハードディスクなど、ガジェット類をどっさり持ち歩いてます。とにかく重いのでバックパックじゃないと耐えられません……。その姿はまるで旅人のようで、「旅行に行くの?」と町の人に声をかけられるほど(笑)。

—— 持ちものへのこだわりを教えてください。

三根:仕事道具とは言っても、好きなものに囲まれていると気分も上がるもの。付箋はずっと好きなキャラクター「ドラえもん」を使っていますよ♡ 仕事道具だけでなく、フレグランスやポーチなど、自分好みのアイテムをバッグに忍ばせて持ち歩いています。

—— MILESTOの「STLAKT バックパックM」を実際に使ってみていかがですか?

三根:バックパックとトートバッグの2WAYに使えてすごく便利。たっぷりめの深さとサイズ感がちょうどよくて、使いやすいんです。ラップトップが入るクッション付きのポケットはもちろん、外側のポケットにペットボトルが入るのもいいですね。

1_フレグランスのマニアで、〈BON PARFUMEUR〉のメロンの香りがお気に入り。2_忘れないようにメモ書きして貼る付箋は必需品。3_書評や書籍の紹介文の依頼も多く、いつもバッグには本を1冊。4_ラップトップには好きなステッカーをペタペタと貼って楽しむ。「アタシ社」プロデュースのものも。5_取材時にはボイスレコーダーが必須。iPhoneのボイスメモ機能とダブル使いすることがほとんど。6_日課となっているランニングや移動中は、iPodとワイヤレスのイヤホンで音楽を聴く。7_プロテインバーは小腹が空いた時に。売っているのを見つけたら買い溜め!

Kayoko’s
RECOMMEND
item

STLAKT
バックパックM

¥15,000

ノートPCが収納できるクッション付きスリーブポケットを装備した、トート持ちもできる2WAY仕様。キャリーケースのハンドルに固定できる背面ベルト付きで、旅行にも◎。

Check other
JOURNEY
SPRING 2019日常を旅する
  • JOURNEY 001

    食を旅する

  • JOURNEY 002

    本と旅する

  • JOURNEY 003

    下町を旅する

SUMMER 2019自然を旅する
  • JOURNEY 004

    都会の緑を旅する

  • JOURNEY 005

    キャンプを旅する

  • JOURNEY 006

    海辺を旅する

AUTUMN 2019COMMING SOON
  • JOURNEY 007

    comming soon

  • JOURNEY 008

    comming soon

  • JOURNEY 009

    comming soon

WINTER 2019COMMING SOON
  • JOURNEY 010

    comming soon

  • JOURNEY 011

    comming soon

  • JOURNEY 012

    comming soon