こころ踊る,旅へ出よう


SUMMER
2019

Explore
The Everyday

milesto journal

travel & lifestylepaper

自然を旅する

JOURNEY
005

キャンプを旅する

2児の子育てに忙しい毎日を送る、モデルのAgathaさんが大事にしていること。
それは、子どもと一緒に自分も楽しむこと。MILESTOのバッグと1泊のキャンプ旅へ。

2019.7.1

TRAVELER

Agatha

アガサ/東京都出身。雑誌、広告のモデルや、音楽番組のキャスターとして活躍中。2児の母でもあり、そのライフスタイルは同年代の女性から支持を集めている。
Instagram_@i_am_agatha

Are you ready to go…?


  • 1

    Camp Site


  • 2

    Tent


  • 3

    Beach


  • 4

    Outdoor Lunch



1

Camp Site

キャンプの準備

PEバッグ

キャンプ道具が入った重い荷物も問題なし!の頑丈なバッグが安心。
アウトドアには、PEシリーズのバッグを迷わずチョイスして。

キャンプ場に到着したら、さっそく荷下ろしスタート。トートバッグ、カーシート、レジャーシートと3WAYに大活躍のシートバッグは、アウトドアにぴったり。子どもたちの「お手伝いするよ!」と張り切る姿に、Agathaさんもにっこり。

item

MILESTO UTILITY
PE 3WAY シートバッグ

¥2,600

カーシートやレジャーシートに変身するマルチなトート。軽量で丈夫なPEシリーズは、コンパクトにたためて手入れも簡単だから、車やアウトドアシーンのおともに◎。

item

MILESTO UTILITY
PE トートバッグL

¥1,800

マチとワイドが広めのLサイズのトートバッグは、アウトドアギアの収納に、ランドリーバッグにと、万能なサイズ感。手持ち用と肩かけ用の2つの持ち手で機能性も充実。

item

MILESTO UTILITY
PE カートバッグ

¥1,500

レジカゴにすっぽり収まるサイズなので、食材の買い出しにオススメ。バーベキューなどのアウトドアシーンでは、そのまま食材のストレージとしてどうぞ。

その他のおすすめはこちら

ホワイトトップス、スカート(すべてカレンソロジー/カレンソロジー青山)、スニーカー(ザ・ノース・フェイス原宿店)、リング(エー・ヴィー・マックス/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店)、その他は私物



2

Tent

荷物の管理に

オーガナイザー

テントの中で、子どもたちはオモチャを取り出して大はしゃぎ!
オーガナイザーがあれば、散らかりがちな荷物も整理するのがラクちん。

子どもたちにとって、テントはまるで秘密基地。「子どもが荷物を散らかしちゃうけど、オーガナイザーは心強い味方(笑)。カラーも豊富で、これなら『何色に詰めたんだっけ?』と楽しく片付けができる!」

item

MILESTO UTILITY
パッキングオーガナイザー Wポケット 4L × 2

¥2,000

衣類、コスメ、ガジェットなど、中身に合わせて収納できる2つのポケット付きオーガナイザー。カラー違いで使えば、荷物の管理も断然スマートに!

item

MILESTO UTILITY
バスルームオーガナイザー 4L

¥2,800

取っ手や壁に吊るして使えば、旅先のバスルームやランドリースペースで重宝すること間違いなし。深さがあるので、化粧ボトルやスプレーを立てたまま収納可能。

その他のおすすめはこちら



3

Beach

海辺を散歩

バックパック

“お気に入り”を詰め込んで、ちょっとお散歩してみよう。
小さくても頼れちゃう、キッズ用バックパックが大活躍。

ポケットが大充実のバックパックは、安全・防犯対策になるリフレクターとホイッスル付きで、キッズのお出かけにぴったり。「自分専用って愛着が湧くみたい」というAgathaさんの隣で、子どもたちは「オモチャも持ってきたんだ〜!」と嬉しそう。

item

MILESTO UTILITY
Kids バックパック

¥4,900

普段のお出かけから旅行や習い事と、様々なシーンで活躍するキッズ用のバックパック。豊富なポケットや体にフィットするバックルなど、機能性が抜群。

その他のおすすめはこちら



4

Outdoor Lunch

キャンプ料理で昼食

ウェストベルトポーチ

子どもたちが心待ちにしていた、キャンプで食べるごはんの時間。
いつもと違う特別な“外ごはん”には、両手があくバッグがいちばん。

「わ〜っ、いいにおい!」。子どもたちはグツグツ煮える鍋の中に興味津々。「火を使う時は、両手が自由に使えるバッグがいいですね。パッと必要なものを取り出せるのも助かる♪」。なんといっても、屋外で料理してみんなで食べるごはんは格別!

item

TROT
2WAY ボディバッグ

¥6,000

ウェストポーチorボディバッグの2WAY仕様で、コンパクトながらアウトドアや旅行にばっちりのサイズ感。明るい色合いで、コーディネートのポイントにも◎。

その他のおすすめはこちら

七つ道具

­­—— 普段は子どもたちとどのように過ごしていますか?

Agatha:休日は家族で海に出かけたり、釣りをしたり。春休みにはグランピングをしたんですよ。子どもたちにはなるべく自然と触れ合う機会をもたせてあげたいと思っています。子どもが中心になりがちですが、大人も一緒に楽しむことが我が家のモットーです!

—— アイテムを選ぶときのこだわりはありますか?

Agatha:例えばピクニックで使うコップにしても子どもがすぐに倒しちゃうので、ホーロー製を使っています。買い物の時には、子どもが使っても壊れにくい丈夫な素材かどうかを考えるようになりましたね。ミシンで手づくりするのもハマってるんですよ。

—— 子どもたちと普段お出かけするときは、どのようなバッグを使っているか教えてください。

Agatha:子どもと出かける時はどうしても荷物が多くなりがちだから、両手の自由がきくバックパックがやっぱり便利。背中から下ろさなくても、お財布やスマホを簡単に取り出せるポケットがあると助かります。使い勝手のよさを重視しますね。

—— そんなAgathaさんがいつも使っているMILESTOの「TROT ウルトラライト2 バックパックM」は、どんなところが気に入っていますか?

Agatha:とにかく軽いのに丈夫な生地で安心感があります。ジップがガバッと大きく開くので、中のモノが取り出しやすいところも助かります。サイズ感もちょうどいいんですよね。ポケットやファスナーリングなど細部の機能も優秀!

1_いつもの公園をピクニック気分にしてくれるレジャーシート。風で飛ばないしっかりした生地がポイント。2_保育園用に作った手づくりのループタオルは、お出かけにも便利! 3_お弁当箱には、小腹がすいたら手軽に食べられるおにぎりを詰めて持ち歩く。4_〈Klean Kanteen〉の水筒には麦茶や水を入れて。5_オモチャはそれぞれのバッグに入れて、子どもたちが自分で持つのがお約束。6_カメラは〈SONY〉のミラーレス一眼を愛用。いわゆる“デジカメ”っぽくない雰囲気がお気に入り。7_「カッコイイ帽子がいい!」という子どもたちのリクエストに応えて購入したキャップ。日差しが強い季節には欠かせない。

Agatha’s
RECOMMEND
item

TROT
ウルトラライト2バックパックM

¥9,180

女性が持ちやすいサイズのデイパックは、強度や耐久性に優れながらとても軽く、旅先やアウトドアに大活躍。飽きのこないシンプルなデザインも魅力。

Check other
JOURNEY
SPRING 2019日常を旅する
  • JOURNEY 001

    食を旅する

  • JOURNEY 002

    本と旅する

  • JOURNEY 003

    下町を旅する

SUMMER 2019自然を旅する
  • JOURNEY 004

    都会の緑を旅する

  • JOURNEY 005

    キャンプを旅する

  • JOURNEY 006

    海辺を旅する

AUTUMN 2019アートを旅する
  • JOURNEY 007

    身近なアートを旅する

  • JOURNEY 008

    建築を旅する

  • JOURNEY 009

    音楽を旅する

WINTER 2019COMMING SOON
  • JOURNEY 010

    comming soon

  • JOURNEY 011

    comming soon

  • JOURNEY 012

    comming soon