こころ踊る,旅へ出よう


SUMMER
2019

Explore
The Everyday

MILESTO JOURNAL JOURNEY004 都会の緑を旅する

travel & lifestylepaper

自然を旅する

JOURNEY
004

都会の緑を旅する

エイドリアンさんはいつもスケッチブックと一緒。新緑の街を歩き、気ままに描く。
日差しが気持ちのいい、そんなある日の小さな旅へ出かけました。

2019.6.1

TRAVELER

Adrian Hogan

エイドリアン・ホーガン/メルボルン生まれ。イラストレーターとして、雑誌や広告など国内外で幅広く活躍中。
www.adrianhogan.com

Are you ready to go…?


  • 1

    Coffee Stand


  • 2

    Share Office


  • 3

    Hilltop Park


  • 4

    Sky Garden



1

Coffee Stand

コーヒー片手に出勤

バックパック

バックパックに画材を詰めて、さあ出勤。
川沿いのコーヒースタンドに立ち寄ってオフィスへ。

「ちょっと出かけるのに必要なものはなんでも入る申し分のないサイズ。シンプルなデザインも好みですね」と、バックパックからスケッチブックを取り出す。お気に入りのコーヒースタンドで、コーヒー片手に通りすがる人たちを描いてウォーミングアップ。

item

TROT
バックパック

¥11,000

たっぷりの容量に、背面のファスナーポケットやペットボトルを収納できるサイドポケットなど、機能性抜群。旅行やアウトドア、デイリーユースにもぴったり!

その他のおすすめはこちら



2

Share Office

デスクワークに

ポーチ

シェアオフィスに到着したら作業開始。
整理整頓に役立つガジェットポーチには色鉛筆を詰めて。

エイドリアンさんが作業をするシェアオフィスにて。「普段は色鉛筆を使うことが多いんだけど、とにかく持っている色の種類が多くて……」。シンプルかつたっぷり入るガジェットポーチなら、中身が一目瞭然。「作業も断然はかどります!」と、さっそく仕事開始。

item

LAGOPUS
WPガジェットポーチ

¥4,500

ステーショナリーのほか、ガジェットやケーブルなどをすっきりと収納できるうれしいサイズ。開閉しやすいジッパーに、持ち運びに便利なハンドル付き。

その他のおすすめはこちら



3

Hilltop Park

公園でランチミーティング

トートバッグ

仕事仲間に会いに、公園までひと歩き。
外歩きには、汚れも気にならないトートで行こう。

少し歩いて小高い丘が見える公園で、ランチがてらなんとも気持ちのいいミーティング。バッグはPEシリーズのトートをセレクト。「ちょっとラフな存在感がいい感じ。汚れてもサッと拭けばオッケーだから、地面に置くのも気にならないよ」

item

MILESTO UTILITY
PE トートバッグM

¥1,500

軽量で丈夫なポリエチレン製のPEシリーズは、小さく折りたためて持ち運びもラクラク。汚れのお手入れも簡単なので、アウトドアシーンの強い味方に。

その他のおすすめはこちら



4

Sky Garden

屋上庭園でスケッチ

ショルダーバッグ

必要なアイテムだけを持って、手ぶらでのんびりと。
身軽さはマルチショルダーが叶えてくれる。

「ビルの屋上に緑が広がって、異空間に来たみたいなんだ」と足を伸ばしたのは、都会の真ん中に位置する天空庭園。筆記具と小型のスケッチブック、本、貴重品。必要なアイテムだけをマルチショルダーに入れて、のんびりと過ごすひと時を満喫して。

item

STLAKT
X-Pac マルチショルダーバッグ

¥12,000

貴重品をひとまとめに管理できて、ファスナーポケットやカードホルダーが充実。アメリカ発の素材「X-Pac」を採用し、強度・軽さ・防水性も抜群。

その他のおすすめはこちら

七つ道具

—— エイドリアンさんにとって、描くこととは?

Adrian Hogan(以下Adrian):公園でスケッチしていると、「何してるの?」と自然と人が集まってくることも。紙を渡して「一緒に描かない?」と声をかけたり、子どもたちに「鉛筆削ってくれる?」と頼んだり(笑)。絵を通じて人と人が繋がるのはうれしい!

—— 普段はどんなバッグで出かけますか?

Adrian:インスピレーションが湧いたらすぐに、鉛筆とスケッチブックを取り出したいんです。だからトートバッグを使うことが圧倒的に多い。トートのほかに、書類や作品を入れるブリーフケースをあわせて持つことも。このスタイルが僕の定番です。

—— 画材や道具を選ぶ時のこだわりを教えてください。

Adrian:ローカルなお店を応援したくて、なるべく地元にあるショップで購入します。特に屋外用の道具は、パレットにしてもスケッチブックにしても使いやすいことを重視。七つ道具はどれも愛着があるアイテムばかりです。使い勝手の良さは、馴染みの良さだと思います。

—— MILESTO の「CITYFOG 3WAY トートバッグ」の使い心地はいかがですか?

Adrian:小物を入れるポケットがたくさんあって便利だし、いつものトート&ブリーフケースのスタイルを同時に叶えてくれました。少し歩く時はバックパックに変身。“一石三鳥”ですね(笑)。カジュアルにもフォーマルにも使える雰囲気もナイス!

1_軽さとサイズが持ち運びに便利な鉛筆削り。2_〈POSTALCO〉のペンケースには定規、色鉛筆、ペンを入れて。使うほどにいい味が出て愛着が湧く。3_屋外スケッチに重宝するコンパクトな水彩パレット。4_中目黒にあるショップで購入した〈PHIGVEL〉のキャップ。日差しが強い日には欠かせない。5_ラップトップはタッチバー搭載のMacを愛用。ソフトはPhotoshopとIllustratorを使う。6_スケッチブックには〈Midori〉の「MDノート」を。コットン紙は鉛筆との相性抜群! 7_ハガキに描くことも多いので、ポストカードホルダーは必需品。

Adrian Hogan’s
RECOMMEND
item

CITYFOG
3WAYトートバッグ

¥16,000

トート、ショルダー、バックパックに使える3WAYバッグは、都会的なフォルムとギアの要素をあわせ持つスマートな存在感。大きすぎないサイズ感で女性にも◎。

Check other
JOURNEY
SPRING 2019日常を旅する
  • JOURNEY 001

    食を旅する

  • JOURNEY 002

    本と旅する

  • JOURNEY 003

    下町を旅する

SUMMER 2019自然を旅する
  • JOURNEY 004

    都会の緑を旅する

  • JOURNEY 005

    comming soon

  • JOURNEY 006

    comming soon

AUTUMN 2019COMMING SOON
  • JOURNEY 007

    comming soon

  • JOURNEY 008

    comming soon

  • JOURNEY 009

    comming soon

WINTER 2019COMMING SOON
  • JOURNEY 010

    comming soon

  • JOURNEY 011

    comming soon

  • JOURNEY 012

    comming soon